BLOG

10-week series of morning Yoga プログラム*

Fresh & juicy|みずみずしい朝を Morning Yoga Seriesでは、シンプルな動き・呼吸に意識を向けることを通じて、 ご自身の心身の状態に気づくきっかけとなるような、マインドフルネスなプログラムを目指しています。 前提として、まずは以下のふたつのことを丁寧に伝えます。 “What is Yoga?” ヨガにはどんな意味があるのか、なぜ人と比べることに意味がないのか、大切なことは何なのか。 “Ask your body and mind and choose your pose. Step-by-step!” 自分に問いかけ、(他人との比較ではなく)自らポーズを選択していくこと。無理せず、段階を追って取り組むこと。 ビギナーやシニアの方も多いこのクラス。 初めての方・慣れていない方へのインストラクションは責任重大!と、とても緊張しますが、 その分ヨガに馴染んでいく変化が分かりやすいことも。 「クラスの最初は体が緊張していたのに、最後にはすごくリラックスしていたよ! だから、続けてみることにしたんだ!」と、先週初めてヨガをした60代〜70代の男性。 とっても嬉しくて思わずふたりとも笑顔に^^ こんなやりとりに私自身が元気をもらっているなと感じた今日でした。 様々な出逢いと繋がりに心から感謝します。Namaste* --- “TASMIN SATI SVASA PRASVASAYOR GATI VICCHEDAH PRANAYAMAH. それ【安定したアーサナ[坐法]】が得られたならば、呼気と吸気が制御されねばならない。 これがプラーナーヤーマ[調気]である。”

10-week series of morning Yoga 始まる*

The wheel goes round|進み続けること 進み続けることは楽しいことばかりではないけれど、 むしろ前に進みたいのに今とのギャップを目の当たりにして苦しくて辛くて逃げ出しそうになったりもするけれど、 何にも変えられない喜びがそこにあるから。歩みを止めないで進んで行こう。 という、決意のコラムです。笑 --- 1月22日、初めての朝ヨガのクラスには、20名もの皆さんが参加してくださり、 ヨガ自体が初めての方もちらほら。 日本人の方は5名ぐらいだったので他はアメリカ人含めいろいろな国と地域の方々でした。 内心、「わ〜どうしよ〜!」という気持ちと、「嬉しい〜!」という気持ちがごちゃまぜ! 初めは「やらなきゃ!」という感情で強張っていた私の体も、ヨガで深呼吸するうちに、 「だんだんとこうしたい!これが好き!」という感情が盛り上がってきて不思議とスムーズに動くように。 最後は「やりきろう!」というエネルギーで最後までやり遂げることが出来ました。 途中手が震えるほど緊張したり、ふっと笑顔になれる瞬間があったり、 スローモーションで思い出せる瞬間があるほど、75分間の中にもたくさんのドラマが・・・笑 それはきっと生徒の皆さんも同じで 最初はぎこちなかった動きやなんだか落ち着かない気持ちだったかもしれませんが、 最後は呼吸が深くなって、心も体もしなやかに、内側から温まっていたようでした。 願わくば、ヨガってなんかいいなぁとか、私も楽しめるなとか、また来たいなと思ってもらえたら こんなにヨガインストラクター冥利に尽きることはありません。 クラスが終わった後には、皆さんから温かい拍手

基本に立ち返る

to leave footprints|目的ではなく結果として残ること 今年の夏からボストンに暮らし始めて約半年、 最近「やっぱり基本が大事だなぁ」と改めて思う出来事がありました。 それは、日本人の友人と家庭料理について話していた時のこと。 今住んでいる辺りは、日本では当たり前のコンビニなんてありませんし、 スーパーまでもある程度時間がかかるので基本はまとめ買い。 手軽な惣菜や美味しい手作りのパンやお菓子もあまり手に入りません。 外食も内容に比べて値が張るので我が家はほとんどしません(チップもありますしね)。 最初はちょっと不便だなぁと思うこともありましたが、 (あくまでも都内との比較です、インドに比べれば食事は大充実です ※個人的感想) この機会に食材を無駄にしない調理方法を学んだり、 化学調味料不使用で美味しく体にも優しいレシピに挑戦したり、 「ないなら、つくってみよう〜」と苦手だったお菓子作りも始めたり・・・ ちょっと手間はかかるけれど、 断然こちらの方が健康的!経済的!環境にも優しい!と良いこと尽くめ♡!! このように、市販のものに頼らず素材を活かして一から料理をする場合、 和食であればだしの取り方、洋食でもスープストックの作り方など 基本的なことが非常に重要になってきます。そう、ごまかせないのです。笑 そして、基本が分かればそこから自分で応用することもできますし、 “基本を繰り返すこと”それ自体がとても大事なことだと感じています。 ひとつひとつの積み重ねが日々の美味しい食事になり、 健やかな心身ときっと幸せな生活・その先のより良い人生につながってゆくはずだから。 これ

Reset in Yoga Retreat -vol.3- ヨガのかたち

sow seed in the soil|自分の手で育てていくこと ▶︎Reset in Yoga Retreat -vol.2- 心身の浄化の時間 の続きです。 リトリートから日常に戻って一週間。 その時間は図らずとも、“ヨガって何だろう?”、“ヨギーとして自分が伝えたいことは何だろう?どうしたら伝えられるだろう?” ということを改めて考えるきっかけになったなぁと思います。 リトリートでは、 ・美しい自然 ・動物との触れ合い ・新鮮なベジタリアンの食事 ・Hatha yoga ハタヨガ ・Meditation 瞑想 ・Bhakti yoga バクティヨガ(献身のヨガ) ・Non-violent communication 非暴力コミュケーション などなど、 いろいろなヨガのかたちを体験することが出来ました。 スケジュールは午前中にコミュニケーションのワークショップで参加者同士の相互理解を深めてからヨガ・短時間の瞑想、 その他のアクティビティに入り、夕方からまたヨガ・一日を振り返るような瞑想をして夕ご飯、 最後に皆でバクティヨガの歌や踊りを楽しむといった流れに設計されており、なるほどといった感じ。 そして、いろいろなヨガのかたちを体験する中で基本的なことに立ち返り、改めて“ヨガって何だろう?と・・・ ヨーガ・スートラにおける“ヨガ”とは、 --- “ATHA YOGANUSASANAM. これよりヨーガを明細に説く。” by Swami Satchidananda I-1 “YOGAS CHITTA VRITTI NIRODHAH. 心の作用を止滅することが、ヨーガである。”

Reset in Yoga Retreat -vol.2- 心身の浄化の時間

SAUCHAT|自然と浄化される場所 ▶︎Reset in Yoga Retreat -vol.1- リトリートとは? の続きです。 金曜夕方にMITのキャンパスに集合・バスでBostonを出発し、 深夜にPennsylvania州にあるGita Nagari Eco Farmという牧場 兼 リトリート施設に到着。 久々の一人旅(しかもアメリカ!)に緊張していた私は どきどきしながら集合場所に向かいましたが、緊張したのも束の間、 “ヨガ”という共通点で次第に相手と溶け込んで一体感が生まれてゆくから不思議です。 このリトリートの体験を一言で表すと“心身の浄化の時間”でした。 ヨーガ・スートラにおける“浄化”とは・・・ --- “SATTVASUDDHI SAUMANASYAIKAGRYENDRIYAJAYATMADARSANA YOGATVANI CHA. さらに、サットヴァの浄化、心の愉悦、一点集中、自己実現への適合性を得る。” by Swami Satchidananda II-41 --- インテグラル・ヨーガによる解説はこちら。 --- まず身体について了解する。すると心も浄化される。心が純粋だといつも楽しい。 (心の)集中は、そうしようと思わなくてもおのずから来る。 あちこち走り回るので何度も引き戻してやらねばならないのは、不純な心だけである。 --- 心はいつだって忙しくて移りげだから、まずは体からアプローチしていく・・・ 古代も現代も、人の心と体はあまり変わらないものなのだろうなぁと 少しほっこりしてしまうのは私だけでしょうか。笑 人を取り巻く環境も時代によって

Reset in Yoga Retreat -vol.1- リトリートとは?

Deep breathing|呼吸も日々のリセットのひとつ 1月二週目の連休に、Body, Mind & Spirit Retreat at Eco Yoga Farmというイベントに参加して来ました。 Retreat(リトリート)とは?  1 退却。撤退。後退。  2 隠居。避難。また、隠居所。隠れ家。避難所。 仕事や家庭などの日常生活を離れ、自分だけの時間や人間関係に浸る場所などを指す。 (デジタル大辞泉より) リトリートのプログラムでは、以下のようなキーワードをよく目にします。 ・自然豊かな美しい場所 ・新鮮で身体に優しい食事 ・ヨガ、瞑想、サットサンガ それは、きっとこれまでを一度リセットしてニュートラルな自分に戻るとき、 欠かせないものは「心身の健康」だから。 ベースを整えてこそ、「自分と向き合う時間」により集中できるという訳です。 実はHatha Yoga(ハタヨガ)におけるアーサナ(ポーズ)の起源も 瞑想に集中するための健康な身体をつくるためだと伝えられています。 --- “STHIRA SUKHAM ASANAM. アーサナ[坐法]は、快適で安定したものでなければならない。” by Swami Satchidananda II-46 --- このヨーガ・スートラの一節を解説したインテグラル・ヨーガを読むと、 瞑想のためにアーサナ(ポーズ)が発達した背景がよく分かるかと思います。 --- われわれに必要なのは鋼鉄の強さであり、同時にまた、その柔軟さである。 非常に固くて強いがもろい、粗鉄ではなく。 身体は、どの方向にでも思いのままに曲げられるように、柔軟でなけ

初めてのTai Chi :ヨガと太極拳の違いは?

the chance to know a new culture|中国文化の奥深さよ 今日、生まれて初めて Tai Chi(太極拳)を教えてもらいました! 先生は友人のアメリカ人のおじさん。太極拳に魅了され、数年前から学んでいるそう。 きっかけも気になるので今度聞いてみよう〜。 そして、今回の私以外の参加者は、皆60代以上ぐらいとだいぶ年上の方ばかり。 優し〜い雰囲気の中、ポーズが進んでいきます。 最初はどうしてもヨガのように呼吸を意識したくなってしまいましたが笑、 次第に自然な呼吸にも慣れて、最後は流れるようにゆったりと体を動かすのが楽しくなりました。 終わった後はヨガとも違う新感覚。。。これは何?!と、 とっても興味深かったので、初めての太極拳でとくに感じたことを振り返ってみます。 ----- ①力を抜いたまま体を動かし続けるのが難しい。 ②人の体の状態は千差万別。 ③ヨガとアプローチは異なるが、目指すゴールは似ている。 ----- ①まず、立っている状態で“力を抜く”って結構難しいです。しかも一時ではなく動きながら。 普段から体幹を使うヨガ的な?体の使い方を意識しているので余計に、 自分が普段どれだけ体に力を入れているのかが良く分かりました。 ②お年を召した生徒さんが多かったことや、参加者の国籍も様々だったこともあり、 非常に緩やかで単純な動きにおいて、それぞれの方の体の状態・違いが顕著でした。 体をひねる、片手ずつ上げる、、と言った単純な動きでも、こんなにそれぞれの特徴が出るとは思わず、 クラスを受けながら心の中で静かに驚いていました。良い勉強にありました。 ③この点に

Less is More? Yes is More?

What's next?|扉の先には新しい世界が広がっているはず ▶︎〇〇でいい?〇〇がいい? を書いてみて、 これって、まさに“Less is More. ”と “Yes is More.”の違いを指しているなぁと気付いてはっとしました。 “Less is More. ”なのか? “Yes is More.”なのか? 一見相反するアイディアに思えるこちら、一体どっちなの・・・?!について私が今思うことは、 「どちらも大切! YesとLessを繰り返し続けることで、 より可能性が広がり、より自分らしくなっていく。」のではないかなということ。 こう考えたポイントはふたつあります。 ----- ①Moreが意味すること ②ふたつを両立するアイディアとして捉えること ----- ①まず、Moreの意味することは、どちらにも共通する意味合いで捉えると 「その人や物事を前進させる何か」と考えられるのではないでしょうか。 例えば、 “Less is More. ”は、断捨離で短縮できた掃除時間を何に使う?ということだったり、 “Yes is More.”であれば、日本食ももちろんいいけどインド料理も好きになったから選択肢が増えたよ! なんてことだったり。 ②Yesは吸う息・Lessは吐く息のようなもの。 つまりは、呼吸のように対になっているものと捉えてみたらどうでしょう。 「すべてに“Yes”と心を開き、可能性を広げながら、 必要でないことは手放して、より自分らしいスタイル“Less”を確立していく。」という ふたつを両立させたアイディアが、今の自分にはとてもしっくりくるのです。 ヨガやイ

2018年の始めに

Step by step|ひとつひとつを大切に集めていこう 2018年の目標は、“自分の軸を確かなものにしていくこと”。 今できることをベースに一歩一歩挑戦を重ねつつ、 未来への種まきをしてこれからの土台をつくっていきたいです(とくに仕事)。 *6つの面から考えてみた具体的な目標はこちら。 ------ <仕事> *“ヨガ × 心理学 × 英語”を軸に、 ・英語でのティーチング・生徒さんとのコミュニケーション→参加者の満足度を上げる。 =また来たいと思ってもらえるクラスを創る! ・毎月テーマを決めて学びを深め続ける。 1月のテーマは、「新しい世界を知る。」 ジムのマシンで体幹を鍛えたり、リトリートに参加してみたり、、など。とっても楽しみ! ・HPのコラム(このページ)を月に6本は書く。5日に1記事ぐらいのペース。 他のページも更新し続ける。 <家族> *毎月末、夫婦で美味しいごはんを食べながら1ヶ月を振り返る時間を持つ。 (アメリカに来た今年の夏から始めた習慣♡) <健康> *環境が変わっても(むしろ変わったときこそ!)、食・運動・睡眠のバランスを保つよう務める。 <人間関係> *様々なバックグラウンドの人と関わり、文化や考え方を知る。 自分のことや日本の文化も伝えられるようになる。 <社会> *ボランティア活動に積極的に参加する。目下は、Tewassaと日本人コミュニティ関係。 声をかけて頂いている学校でのヨガクラスの開催も。 <趣味> *おもてなし料理・持ち寄り品のレパートリーを増やす。 まずは、苦手意識のある焼き菓子やオーブン料理に挑戦するところから。 (さっそくフードプ

​© YOGA MAITRI 

- Yoga for everyone -

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now