BLOG

2018 Spring 200-Hour Teacher Training in Boston -vol.1- はじめに

We shook hands and embraced again!|またここに辿り着いた 今暮らしているボストンで、2018 Spring 200-Hour Teacher Trainingの受講が始まりました。 プロフィールにもあるように、RYT200のティーチャートレーニングを受けるのは二度目です。 前回は、2012年から仕事の傍ら、東京・学芸大学のLiLA YOGA Instituteへ通い始め、2014年に修了。 思い返せば、修了してからは4年、通い始めてからはもう6年(!)の月日が経っていました。 その後も、日本やインドで学びを深めてきましたが、もう一度体系的に学び直して自分を更新したい、 クラスで共有したいという気持ちが大きくなっていたタイミング。 次のステップのRYT500に向けての300時間のトレーニングと迷いましたが、 今の自分に必要なことをよく考えて、また基本に立ち返ることに決めたのです。 今回改めて受講することにした目的は以下の3つです。 --- 1. 基本から英語で学び、英語でのティーチングスキルを向上させるため 2. 新しいシークエンスの作り方を学び、クラスのバリエーションを増やすため 3. インドからアメリカに拡がったヨガがこの地でどのように学ばれているのか体験するため (とくに、先生やクラスメイトとの会話が楽しみ!) --- また、こんな先生から学びたいというスタジオと先生方と出逢えたこともこれらの理由を後押ししました。 >スタジオ ボストンエリアに3つのヨガスタジオを構える Down Under School of Yogaは、 その多様、かつ

10-week series of morning Yoga 終わりは始まり*

Clear & Shiny|強く透明に “磨き続ける。” そんなイメージで、コラムの冒頭にダイヤモンドの写真を選びました。 今日は今シーズン最後のヨガクラス。 10-week series of morning Yogaが始まったちょうど2ヶ月前、1月終わりに私はこんなふうに書いていました。 ------ 進み続けることは楽しいことばかりではないけれど、 むしろ前に進みたいのに今とのギャップを目の当たりにして苦しくて辛くて逃げ出しそうになったりもするけれど、 何にも変えられない喜びがそこにあるから。歩みを止めないで進んでいきます。 という、決意のコラムです。笑 ------ 自分が書いたこの文章を読み返して、 最近この2ヶ月間、私はどのくらい成長したのだろう?何を得られたのだろう?と、 ついつい結果ばかりを求めてしまっている自分がいたことに気が付きました。 もちろん結果も重要ですが、そこに気を取られて今に集中できない状態は本末転倒ですよね。 これらは、いつも生徒さんに伝えたい・伝えていることと同じ・・・!笑 自分のこととなるとついつい、客観的に見えなくなってしまうものです・・・ 私がヨガから学んだ大切なことは、“変化する中で、今に向き合い、新しい一歩を踏み出し続けること” 。 たくさんの嬉しい気持ちも、もっとこんなふうにしたいという気持ちもいろんな感情で溢れている今。 まずは、この2ヶ月間を振り返る時間を持って、今に向き合ってみたいと思います。 どんな思い出も経験も、願わくばダイヤモンドのように輝いていて欲しいもの。 きっとそれは、すべての中に何らかの輝きを見つけられる人だから

10-week series of morning Yoga ストーリーのある時間*

with stillness|想いを込めて Spring Breakを迎えたボストンの街。 まだまだ氷点下の気温が続いていますが、Daylight Saving Time starts(夏時間)もスタートして一週間、 陽も長くなったこともあり、春の訪れをほんの少し感じる近頃です。 そんな今日のテーマはTwist(ツイスト)!日本語では、ねじり。 ねじるポーズの効果は、腹部を圧迫することにより臓器を刺激し、消化を促すと言われています。 そして精神的にも、溜まっていた気持ちが消化されるように、新鮮な空気を取り入れてすっきりした気分に。 腹部を圧迫して気分が悪くならないように、空腹時や食事から2時間後以降に行っていただくことをおすすめします。 吸う息で胸を開き、吐く息でねじりを深めていきます。 ねじる順番にも気を配ってみてください。 ////////// ▶︎ツイストを深める呼吸法 ①吸う息で胸を開きます。ポイントは胸中心の裏、肩甲骨と肩甲骨の間(胸椎7番)を軽く押すイメージで。 背中は反り過ぎないように、尾骨を下げた状態をキープします。 ②吐く息で体が緩む力を利用して、優しく体をねじっていきます。 決して無理にねじらず、step by stepで進めてください。 ③ ①、②を繰り返して、ツイストを深めていきます。 ////////// 最近は毎週のこのコラムの記事を小話の気持ちで書いています。 過ぎた一週間に感謝を込めながら、新しい一週間に願いを込めながら。Namaste* --- “DRISHTANUSRAVIKA VISHAYA VITRISHNASYA VASIKARA SA

10-week series of morning Yoga 今ここに在る時間*

Over the rainbow|虹の向こうに あっという間に8回目を迎えたMorning Yoga。 偶然現れた虹に気付いてその美しさにはっとするように、 今ここに在る時間が特別に感じられるようなことってありませんか? ふとした瞬間に、大切なものに気付いたり、気持ちが満たされたり・・・ 趣味でも仕事でも、一人でも誰かとでも、 日常の中にそんな時間があることは、きっと暮らしの満足度をとても上げてくれるもの。 そして、忘れてはならないと思うのは、いつだってその気持ちを感じて、 心が動くのは受け手である私たち自身であるということ。 自分自身と会話するように、自分と向き合う時間、 あなたは習慣として取り入れていますか? クラスの中では、シークエンスに合わせてポーズのバリエーションもお伝えして、 ご自身の状態に沿って、ポーズを選んでいただけるようにしています。 そうすることで、安全で効果的な時間を過ごしていただくことはもちろん、 何かを選択する前に大切な、今の自分を観察すること(現在地を知ること)をして欲しいからです。 私もそうですが、たくさんの情報に囲まれ、自分のことだけに集中することが多くない現代の生活。 意識的にそんな時間を創ることで、思考の中にも新たなスペースが生まれてくるのではないでしょうか。 そんな思いがあるからこそ、クラス後に質問してくださる方、 こんなことができるようになった、次はこうしたいなどお伝えしてくださる方のお話を聞いていると 本当に自分のことのように(むしろそれ以上に!)嬉しいのです。 あと、2回の今シーズン。次が楽しみでもあるけれど、終わってしまうのがちょっ

10-week series of morning Yoga 自分を知り、周りを知る*

wisdom of ancestors to today|先人の知恵を今に活かす 7回目のMorning Yoga。 今週のテーマは「自分を知り、周りを知る」。 先週触れた「今に気付くこと」の続きでもあります。 最近の私のアハ!体験は、人が何かを評価するときの傾向(仮説)です。 ------- 「先入観や前提と特性にギャップがあるほど、ものごとの印象判断は強くなる。」 例:〇〇(職業や性別などの属性)だけど、〇〇な人(活発、明るい、など特性)。 →自分の価値観は判断に大きな影響を及ぼすと思うので当たり前と言えば当たり前なのですが、 自分の行動は変わらなくても、環境が変わるとこれまでとは異なって見えることもあるんだなぁと いうことに気が付いたのでした。 ------- つまり、「ものごとの評価は置かれた環境によって変わる。」 環境とは、時代、国・地域、文化などなど、(判断する側の)価値観に影響するものを指します。 他人の評価とはあくまでも相対的なもの。絶対的なものではないことを忘れずにいたいです。 対して、ヨガはあくまでも自分に向き合うことを大切にします。 それは、誰かと比較するのではなく、自己を磨いて成長させてゆくこと。 横ではなく、縦の比較であり、よりブレない基準がそこにはあるはずです。 ヨガは優しい・すべてを包み込んでくれるようなイメージがある方も多いかもしれないと想像しますが、 同時にある面ではとてもストイックで、現実的で、行動によって未来を変えることを学ぶツールだと 捉えています。 これまで知っていたつもりの知識も、実際の事例という体験を通してより深く理解し、 実生活に

​© YOGA MAITRI 

- Yoga for everyone -

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now