BLOG

Hello! Our baby -Sophrology method-

Looking forward to baby's arrival!|その日を待ちわびて 夏に日本に帰省した際、近くの産院で開催されていたSophrology method(ソフロロジー式分娩)の母親学級に参加しました。 ソフロロジー式分娩は、ラマーズ法につぐ新しい分娩法としてフランスを中心に広まりを見せている分娩法。 日本でも1987年に初めて取り入れられて以来拡大しているようで、本やインターネットでもよく見かけます。 今回この母親学級を受けてみようと思ったのは、ソフロロジー式分娩には「日本の禅やインドのヨガの技法も加わっている」と聞いて、どんなものなのか気になったからでした。 ソフロロジー式分娩で特徴があるのは“イメージトレーニング”。 「陣痛を痛いもの、怖いものではなく、赤ちゃんが産まれる上で大切なエネルギーであると意識し、お母さんがリラックスすればするほど十分な酸素が赤ちゃんに渡されるということを繰り返しイメージトレーニングすることにより、お母さん主体のお産が実現する」という考え方だそう。 この考え方は、以前 Bliss Baby Yogaマタニティヨガ指導者養成講座を受講したときに学んだアイディアととても近いものだったので、個人的には最初から納得感がありました。 当時は妊娠・出産の漠然としたイメージしかありませんでしたが、憧れる気持ちと同じかそれ以上に私の中にあったのは、「出産=痛み=怖い・不安」というイメージ・・・ それが、「痛み=赤ちゃんが頑張ってくれているエネルギー!&赤ちゃんとお母さんの共同作業であり、(無意味に)痛い、怖いものではない」とポジティブな捉え方に

Hello! Our baby -Prenatal Yoga-

Looking forward to baby's arrival!|その日を待ちわびて 妊娠・出産は女性ならではということに加えて、とても個人差があるもの。 自分自身を考えてみても、妊娠が分かってからというもの、喜びと合わせてつわりの辛さ・出産や子育て、仕事に対する不安などなど心身ともに浮き沈みが激しい日々でした。 ひとりの人の中でも、その時々によってこのように変わり、自分の体ではあるものの、予想できたり、コントロールできるようなものでもないのですから本当に不思議です(そもそもこちらの方がが自然のリズムなのかもしれませんが・・・)。 そんな特別な期間である妊婦さんに向けてのヨガは、英語圏では“Prenatal Yoga”という言い方が一般的なようです。 (日本語ではよくマタニティヨガと言いますが、Maternityは、母らしさや母性を表す言葉だそう。) 自分の心と体と向き合う時間をつくり、リフレッシュしたり、リラックスしたりすることはヨガの得意分野で、日々状態が変わる妊婦さんにもぴったりだなぁと思っていたので、私ももし自分が妊婦になったらPrenatal Yogaをするのを楽しみにしていました。 そこで、最近いくつかのクラスに参加して思うこと。 ===== 【Prenatal Yogaとして妊婦さんを対象にしているクラス】 ポーズやシークエンスが妊婦さん向けになっていることに加え、先生も妊婦さん独特の症状に慣れている場合が多いので各々に合わせたポーズを提案してもらえるという利点があります。クラスの最初に妊娠週数や今の状態をシェアすることが一般的で、他の妊婦さんとの出逢いや、参

Hello! Our baby

Looking forward to baby's arrival!|その日を待ちわびて この度、新しい命を授かりました。 今、24週目(日本で言う7ヶ月目、アメリカは月数の数え方が違うよう)に入ったところです。 実は5月以降、つわりでしばらくダウン・・・ウェブサイトの更新もストップしておりました。 日々変わっていく赤ちゃんと私、ふたりの体にどきどきの毎日。元気な赤ちゃんに出逢えることを願うばかりの今です。 実は今年の初めに一度赤ちゃんを授かったのですが、その命が続いたのは6週間ほど・・・心拍も確認する前の小さな小さな命でした。 妊娠初期には誰しも起こり得ることだと知っていたので覚悟はできていたものの、やはり最初は心身ともにダメージが大きく受け入れるまで時間がかかったのも事実。 とくに、流産した際の状態はこれまでの人生で一番苦しかったのではないかと思うほど、頭痛・めまい・吐き気・過呼吸・腹痛が同時に襲って来て、気を失いかけていました。。。 でも、家族や友人、病院の皆さんのサポートで、少しずつ、少しずつ前向きに。 「今年また会いに来てくれるはず、そのことをきっと伝えにやって来てくれたんだ。」と思えるまでになり、「今を精一杯楽しもう。」と気持ちを切り替えられたのが2月〜3月頃。 妊活中は、焦る気持ち、楽しみな気持ち、できることは頑張ってもそれ以上はしょうがない!流れに身を委ねよう!と、ストレスにならないバランスを探りながら、何度も「また帰って来てね、待ってるよ。」と話しかけていたことを思い出します。 相変わらずヨガにもたくさん助けられました。ヨガと言ったとき、私にとっては、多くのこ

2018 Spring 200-Hour Teacher Training in Boston -vol.5- 終わりのない学び

We shook hands and embraced again!|またここに辿り着いた 前回から、だいぶ時間が空いてしまったコラムの更新です。 その理由はまた別の機会に書かせていただくとして・・・ 7月上旬、2018 Spring 200-Hour Teacher Trainingのコースを無事修了しました! 今はフォローアップとして、通常のオープンクラスを20クラス(ヘッドティーチャー2人のクラス×6回+好きなクラス8回) 受講しているところです。 最後の回は、20ページに渡るテストと、緊張の皆の前でのティーチングデモ。 デモは、提案されたシークエンスの中から、“Sun Salutation B”(太陽礼拝B)を選びました。 英語のネイティブスピーカーではない自分が、力強いリズム感が必要なこのシークエンスを選んだことは挑戦でしたが、 だからこそ、アメリカでTeacher Trainingを受けたからにはやり遂げたかったのです。 (フィードバックでも、まずはよく選んだと褒められました!それだけ、英語が発展途上の段階という訳ですが…笑) ヘッドティーチャーと仲間からは、 “クリアーなエナジー”、“部屋の中をペインティングするように、楽しそうに、芸術的に生徒をアシストしていた”、 “心地よいタイミング”というフィードバック。 そして、“パワー的には少人数に丁寧に向き合うクラスが向いていると思う”というアドバイスも。 一緒に歩んだ仲間たちも、それぞれの成長と向き合う姿が本当に美しく、心がほっこり温まる時間でした。 (いつも思うのは、この気付きに満ちた空気感が大好き!なのです♡)

​© YOGA MAITRI 

- Yoga for everyone -

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now